North Exit  of  Odakyu-Sagamihara Station , Zama Block
小田急相模原駅・北口・座間市街区 


"金太小屋" Architect’s Coffee House(since 1979〜1986, 第1次)


 ◆テーマ:
廃屋再生
 ◆企画展:
アイヌの文様 刺繍展 ほか


"Kintagoya 2" The Project Starting on 2007, 第2次


金太小屋 企画展


鷲尾倫夫 写真展
1981


アイヌの文様 刺繍展
1982

     

   


 Near North Exit  Of Odakyu-Sagamihara Station
Before
 

 テーマ:廃屋再生
 

 Afeter

 

   SPECIAL THANKS TO SO MANY VOLUNTEER STAFF 

 廃屋再生 1978
 
 

山と渓谷社 ウッディライフ No.9 (1983年10月刊) 記事


 
 解体された木造校舎の古材や、製材で廃棄される端材などの再利用提示
(ただ資金もない夢とエネルギーだけ。しかしビンボー人の特権感性を何も恥じることはない確信を最初に育ててくれた)
資金150万円。1978年9月〜翌年3月/第一期自力建設)

 何より、既存の建物本体が(一番物資に乏しい戦時中時代に建てられた、典型的庶民長屋 ) 、老朽、腐朽、生活様式の変化の果てに、如何ような価値もない住宅として見捨てられた、いわゆる「都市廃屋」であった。

 「大量消費」文明の空虚さを感知・共感した友人達が面白がって労務ボランティアをしてくれ遊び感覚で自力建設。

 どんな古い傷んだ建物でも、完全な水平・垂直ゆがみを直せば、それだけでシャキッとした威勢を取り戻す。背筋のシャキッとした人と、そうでない人との印象の差のように、あちこち傷んで「もうダメだ」と周囲の人にあきらめの印象を与えてしまうのは、ひとえにこの水平・垂直ゆがみによるところが極めて大きい。
 現場アルバイト時代に木造の建方や増築建方現場でゆがみ直しを徹底する古参棟梁たちに何とはなしに基本的感性を仕込まれた。そういう見よう見まね習慣・経験はトライへの確信を持てていた。
 ただ石の上にのっかているような建物は一人で直せる!とためらいもなく作業に取り掛かれた。
床を取り払い、ジャッキやワイヤーを操って、レベル・下げ振りを見ながら、重量物が見る見るこの非力な一人の手でも直っていく。。楽しさでエネルギーごんどん充填。

 仮柱で浮かして、根腐れした柱脚は切り詰めた。水平・垂直を見ながら足固め触れ止めと仮筋交いでがんじがらめに補強後、柱脚4辺下方へ羽子板ボルトをホールダウンとして取り付け、礎石の上で調整した。のち土間配筋して、切り詰めた分の20センチ厚のべた基礎鉄筋コンクリートで脚部ごと埋め込み打設して固めた。

 経年変化そのままの古い構造材をそのまま露出した。強度に関わらない内部の壁・下がり壁をすべて取り払い、貫き穴や敷居鴨居の取り付けほぞ穴、ジャッキアップ支柱をかませるため欠き込んだ跡などすべてそのまま露出した。見慣れない人には彫刻デザイン?勘違いする人も出るくらい、絶妙に溶け込んだ。

妙な、『経年時間を携えた建築』として、稚拙ながら、稚拙だからをまた愛せるファンに支えられた。

(数度雑誌取材を受けた。が表層のみ見て「長い貧困の時代からの時間を携えた建築」である本質に目を向けれる感性の記者がいるはずもなかった)

 


WOODY紹介記事.jpg (88KB)

婦人生活社 / WOODY ●木と人間の本(1984年6月号)記事


山渓の本の情報を後追いで取材して回っているとわかる、安易な、売れ筋雑誌づくり取材・・・

ネーミング(由来は多くの友人たちが愛称としてくれた心に捧げたもの → Early Kinta-goya


キンタゴヤ 改築プラン

 

発展作→愛川町中津樹人館 コミュニティ・ハウス (1984)S-KIJINKAN.JPG - 2,347BYTES

ライフワーク・テーマ:古民家再生→ワークショップ



HOME